臨床アカデミーのブログ

【プーチンに早く飲ませろ征露丸】乃木希典大将から伝令

梅雨が明けてしまいました。夏用ハガキで梅雨入り見舞いの駄文をばら撒いて森林破壊に一役買っていることをお詫び申し上げます。その償いに<川越高校初雁の森植樹>運動に毎年寄付をしています。<川高奨学財団><日本精神衛生会><ユニセフ><国境なき医師団>他芸術系団体へと私は年収が減少するにつれて寄付先が増えてきました。

変な自慢をすると【人新生の資本論】の斎藤幸平氏から叱られます。<日本に住んでいるだけで世界の上位1割2割に入るエリート層だから当たり前だ>と。彼は<先進国が豊かな帝国的生活を諦めないとSDGsを実行しても気候変動は止められない。SDGsは政府の免罪符、大衆のアヘンで無意味、有害だ。土地・住宅・水・電気・ガス等を無料にする【共同社会】の実現こそ地球環境を守る唯一の道>と説いています。これはマルクスが社民政党や中道政党を空想的社会主義と罵倒したのと似ています。今、先進国でも途上国でも老いも若きも大企業も零細企業も環境問題を真剣に考えて日々の活動実践を開始しましたが、水を差すような内容です。私は知の巨人・立花隆の研究書で賃上げや労働条件の改善を求めて都内をデモ行進している労働組合員へ【職業革命家】を名乗る共産党員が<皇居に突撃せよ>との激を飛ばして失笑を買った場面を思い出しました。

斎藤氏は【共産党宣言】や【資本論】の内容は晩年のマルクスの境地に達していないから、論文からそぎ落とされた雑記帳の記述や教祖の真意なる憶測部分も書いたようです。つまりマルクス経典の文上解釈を超越した文底秘沈の抄録です。彼は後世に【マルクス教団復興の師】と崇められるのか。それとも大御所の山川均や川上肇のマルクス経典の解釈を論破した独語・仏語・英語に堪能な福本和夫のような理論家で終わるのか。斎藤氏が【赤い狐】か【緑の狸】かは不明ですが、<赤い鎧の上に緑の陣羽織をまとった若武者>だと私は考えています。

気候は逆向きにも変動します。南海巨大地震が早ければ8年後に起こると予測されています。また、この300年間は眠っている活火山の富士山がそろそろ大噴火をするかも知れません。実は200年前のインドネシアの火山の大噴火で北米東部の平均気温が4°C下がり、30年前のフィリピンの火山の噴火では地球全体が0.5℃下がりました。地震対策もCO2対策同様に切迫した課題です。

ご唱和を!【プーチンに早く飲ませろ征露丸】乃木希典大将からの伝言です。【ソ連・中共・赤朝鮮】の共産軍国3兄弟の行動は国際社会の現実を如実に示す生きた教材です。もうソ連はないし経済の社会主義は絶滅種かも知れませんが、政治の社会主義【民主集中制:絶対服従制】はしぶとく生き残ります。ソ連共産党員への厳しい総括をしないでずるずると普通の国へ移行したのが失敗の元です。プーチン大統領はKGB(ソ連の国家保安委員会)で国民の反共的言動を取り締まっていました。国民の弾圧と他国の侵略は朝飯前です。

【自衛隊解体】【日米同盟の破棄】後の【非武装・中立】国家の危険性がどれほどのものかは米軍撤退後に敵陣最前線になる沖縄県知事の【私はゼレンスキー】との失言がすべてを物語っています。でも共産党は警察とは100年来犬猿の仲ながらも軍隊との相性は良く、戦前の党幹部は拳銃を携行していましたし、終戦後は【中核自衛隊】【独立遊撃隊】【山村工作隊】なる組織で9千名の隊員に軍事教練をしていました。

 

 

 

-2022年06月28日-

国連は【アキレス犬】の3頭を切れるか

北京の祭典も台無しになりました。中華帝国と朝鮮帝国が脅しの狂宴をしている間隙に露西亜帝国が先陣を切ってしまいました。祭典への祝砲にしましては度が過ぎています。かつてのマルクス教団の兄貴分として舎弟分の中朝に外国侵略と国民弾圧の手本を示したようです。歴史の針は1世紀巻き戻されました。国連の【アキレス犬】の3頭を追放することは出来るのでしょうか?それが国連の瓦解につながるのであれば、【新国連】の結成も視野に入れないといけないのかも知れません。名称は<国際連携>でも<文明国連帯>でも<人権国同盟>でも何でもいいかと思います。

-2022年03月13日-

書き損じはがきでラオス支援活動、春高JRC部

県立春日部高等学校の青少年赤十字活動部(JRC)は書き損じた郵便はがきや切手を集めてNPO法人<ラオスのこども>に寄付をしました。およそ11万円相当にもなったようです。これは<ラオスの学校に図書室を贈るキャンペーン>の一環です。このNPO法人には春高出身の職員がいるとの事です。すばらしい運動です。いろいろな学校でいろいろな慈善活動が実施されていると思います。もっともっと顕彰されるべきですね。

 

 

 

-2022年02月19日-

保健所の職員数の増減、川越保健所

コロナ禍により保健所の役割、さらに保健所の存在自体がクローズアップされました。都内の保健所に勤務している職員に聞きますと、以前はあまりなかった電話対応が大変な状態になったとの事でした。地元の川越保健所も以前は職員数が10名前後のこじんまりした職ばっだたのですが、感染症患者の激増と共に20名、30名と増加して、今年は終に60名体制になったようです。そして今月は80名に拡大したようです。ところがまだ職員は不足で、やがては3桁の人員が必要になるかと思われます。職員は【保健師】ばかりではなく看護師や事務職もいると思いますが、医療機関はどこも不足気味のはずです。どこから連れて来ているのでしょうか?

-2022年02月19日-

東京は4人に3人で九州は3人に1人、大学進学率

驚きました。昨春の【4年制大学への女子の進学率】が東京都ではおよそ4人中3人という事態になりました。一方九州の鹿児島、大分、佐賀県等ではおよそ3人に1人という状態です。高等学校の教育内容と大学教育の内容から判断しますと九州の方が正常であり、【東京は異常な状態】ではないかと考えられます。これには専門学校への進学率は入れてないようですが、都立の広尾・板橋・北多摩・府中等、新宿メディカル・山手メディカル・警察病院・JR病院・医大付属等の【看護専門学校】進学者も入れると、進学者は5人中4人になるかも知れません。中学生時代の学業成績が【下から数えて4人中1人とか5人中1人】の生徒まで大学が抱え込んでいることになります。10年以上前迄は弊社の予備校に大卒の生徒が入学してくると基礎学力がしっかりしているので看護専門学校の合格の可能性が高い場合が多かったのですが、最近は大卒ながら准看クラスの授業内容が理解できない生徒がいます。准看クラスの授業内容は小中学校の基礎事項が中心なのですが。若者への教育投資はけっして無駄にはならないことは理解できます。問題は教育内容です。4年間の課程の中の前半は【基礎課程】として小中学校の【読み書き算数】の徹底的な指導と社会生活に必要な【法律】や【社会常識】等の教育をするべきではないでしょうか。

-2022年02月16日-

宇宙科学館で透明標本の【透けると、ん!?】展、さいたま市

さいたま市浦和区の【青少年宇宙科学館】で透明な生物標本の骨格を色鮮やかに染色したものが展示されています。ここには狭山市出身の透明標本作家の富田伊織氏の作品が展示されています。魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類の脊椎動物の他に軟体動物や拙速動物の無脊椎動物の標本もあります。硬骨成分が赤紫色、軟骨成分が青色に染色されています。企画展は3月31日迄開設されています。入場は火曜日から日曜日の午前9時~午後5時です。入場無料です。

-2022年02月16日-

食用油のディーゼル燃料で試運転、JR東海

JR東海は次世代型バイオ燃料による車両の走行実験を実施しました。これは二酸化炭素の排出量の削減による環境保護を目的にしたものです。在来線の中の特急車両で従来のエンジンと蓄電池を組み合わせたハイブリッド型の車両があり、それを今回の実験に使用したとの事です。これが成功すれば電車の燃料が【軽油から食用油】へと歴史的な転換が可能になるのでしょうか?

-2022年02月16日-

【リケジョ】の求人が埼玉大学から

埼玉大学理工学部は昭和の後期、平成時代を通して学生の学力が地盤沈下したことに危機感を募りながら今日まで来てしまいましたが、最近になり、女子生徒の応募者を増やして入学生の学力の回復の起爆剤にしようと躍起になっています。日本の理工系、農学系の学部で女子学生の占める割合は全学生の1割程度しかないようです。これは本人の意識もありますが、周囲の人が女子が理工系へ進学と聞いたらひと言反対してしまう傾向が強い事も影響しているのかも知れません。本来はコツコツと実験を繰り返すのはむしろ適しているかも知れないのにです。埼玉大学が女子高生対象の出前授業をやりながら【リケジョ】を増やそうとする取り組みは評価してもよろしいかと思われます。しかしながら、埼大理工学部がノーベル賞を受賞された日本学術会議会長の梶田隆章先生の在学した時代のレベルに戻るのは不可能かと思います。当時は国立大学の月謝が1時間の家庭教師代から捻出できた時代です。国立大学の授業料を10分の1、せめて5分の1まで下げる必要があります。

-2022年02月13日-

大木が生徒を見つめて120年余、【大銀杏】と【くすの木】

【県立浦和高校】のグランドにある30mを超えるイチョウの木、つまり【大銀杏】は126年間に渡り【浦高生】を見守って来ました。明治29年創立の【県立第一尋常中学校】つまり【旧制浦和中学】からの長い年月を耐えて堂々たる姿を現しています。これは川越高校の楠木、【くすのき】が川高のシンボルとなっているのと似ています。

-2022年02月13日-

科学実験はロボットの仕事に、理化学研究所

【理研】は先端の生物科学の実験をロボットに任せる戦略を検討中との事です。研究者が細胞組織の培養等毎日、毎日コツコツと骨の折れる単純作業を繰り返していますが、この時間と労力をもっと創造的、独創的な研究に充てれば、生命科学、先端医療が更に進化するはずだとの視点から決断したようです。もちろん単純に見える作業ながらも実験の変数を微調整なり修正するなりしなければならないので、単純な<お掃除ロボット>のような代物では不可能なのでしょう。【人工知能】が熟練研究者の技術と【勘】も修得してからになると思います。この生命科学、生物工学のような分野で利用される【実験ロボット】は、将来は地球科学、宇宙科学のような分野でも【観測ロボット】となり大活躍をするのかも知れません。自然科学のド素人の私の考えですが、、、。

-2022年02月13日-