臨床アカデミーのブログ

車両は立憲・車輪は共産の立共号が【やどかり革命】へ出発進行!

いよいよ衆院選の闘いの火ぶたが切られます。世間では短期決戦などと言いますが、1世紀に渡る血と涙の結晶を今こそ昇華させんとする革命政党がございます。戦前の幹部党員はいつお縄になるかも知れないので、同志と密談するために喫茶店で落ち合う時にも懐には【ピストル】を忍ばせていたようです。また、党幹部の中央委員にもかなりの【スパイ】が潜入していて、常に緊張を余儀なくされましたので人間不信に陥りました。このスパイですが、私は警視庁のエリートが党本部に忍び込んで、、、と思っていましたが、違いました。幹部党員が特高刑事に情報を売りさばいていたのが実情です。スパイ党員も党の中では真面目に活動をするので出世します。もちろんライバルがいますが、特高がお縄にしますので、さらに党内で昇進していきました。さて、党の諸先輩の努力が報いたのか、今、将に、選挙の結果次第では政権与党への仲間入りも夢ではなくなりました。共産党員は立共号の動力として覆面・仮面をかぶりながら必死に走っています。高度に発展した資本主義国家日本に於いて、共産楽土を実現できるのです。ロシアや中国のような途上国ではありません。【マルクス経典の予言】がやっと的中するのです。50年、60年と党員をやってきて、やっと報われる時が来たのです。しかし、立憲車両の貴賓席で踏ん反り反っている国会議員の先生方は、<児童買春のどこが悪いのか?>とか<北朝鮮への拉致被害者はもう死んでいるはずだ。>とかの話題で宴会が盛り上がっているようです。【覆面・仮面革命】で政権入りした後の【リベラル政党撃滅論】とかいう事は日本では必要ないかも知れませんね。新自由クラブ、日本新党、みんなの党、民主党、、、と同じで、政党綱領、理念がはっきりしない政党は短期間で自然消滅していきます。日本は【1段階革命】で決着かも知れません。革命論では社会党の勝ちですね。

-2021年10月18日-

立共連結号、100年の夢は仮面革命から

衆議院が解散されました。自公連立政権が維持されるのか、それとも立憲・共産による政権交代が起こるのかが注目されます。自民、公明、維新、国民等の政党や労組の連合、マスコミ等の外野席からは、共産党が【暴力革命】を起こすとか【破壊活動防止法】の調査対象だとか【政府・与党の出方次第では武装蜂起もする】とかの野次を飛ばされています。しかし現在の25万人の共産党員は山中での軍事訓練は受けていません。確かにデモ行進はやりますが、警察署や税務署を襲撃したり、新宿駅や渋谷駅で暴動を起こしたついでに電車を脱線させて【敵】に危害を加えるような行動は起こさないと思います。<新進党>にせよ、<自民・社会・さきがけ政権>にせよ、<民主党政権>にせよ、共産党は一度たりとも<連合・連立政権>に参加させてもらえませんでした。確かに【社会・共産連合】はありましたが、地方自治に限定されていました。来年の立党100周年記念を祝賀するためには、立憲号という普通の車両の動力となり、閣外であれ何であれ政権の一角に位置しなければなりません。黒子に徹しながらの政権参加こそが【共産革命】への第一歩になるのです。このチャンスを逃したら未来永劫に【共産楽土】は実現しません。

-2021年10月15日-

立共連結号脱線か?【線路内侵入】と【電車内盗撮】

立憲と共産が【覆面革命・仮面革命】へ向けて助走を始めましたが、どうも歯車がかみ合わないようです。新聞報道によりますと両党の関係者の不祥事が連続しています。共産の撮り鉄の参院議員が【書類送検】されたのに呼応したのか、立憲の党本部の職員も女性の【盗撮容疑で逮捕】されました。両党の関係者に気の緩みがあったのでしょうか。それとも党の幹部は<革命なんかは絵空事>と考えているのでしょうか?もしもそうであれば、そのような議員や職員は【職業革命家】の名に値しないと思います。国会議員のような高額な報酬をいただいている先生方には兼業しないと生活できないような町村議員なんかは眼中にないのでしょうか。でもそのような下級の議員や党員が足腰になり選挙戦では全国で4百万票、5百万票に迄積み上がることを忘れてはいけません。報酬をもらうどころか党費を納めながらビラの配布、街頭のデモ活動、選挙応援迄しているのです。

-2021年09月27日-

無礼な立憲、共産からの【援助】に【交際】なし

共産党は本来なら立憲と競合する選挙区で出馬が内定していた候補者を降ろして、さらに党員や支持者に対して立憲候補への投票の指示や依頼までするという【献身的な支援、援助の行動】を既に実践しています。また、来るべき衆院選でも同様に選挙区内で<数千票の移動・貸付?>を実施するようです。しかしながら立憲の幹部は各新聞社からのインタビューに対しましては、<連合政権とか連立政権とかはありえない>との発言を繰り返しています。つまり共産からの【投票支援】に対して、立憲側からの【見返り】は一切無いと切り捨てているようです。なんと薄情な政党でしょうか。両党の幹部同士はあたかも簡単に候補者の調整をやってしまいますが、数字に表れる各種選挙の結果の背後には、【共産楽土】を夢見ながら来る日も来る日も機関紙の配達と拡張、選挙の応援に明け暮れている真面目な党員が何万人もいることを御存じなのでしょうか?

 

-2021年09月24日-

共産参院議員が書類送検 撮り鉄への見せしめか?

東京選挙区選出の共産党の参議院議員が鉄道営業法違反で埼玉県警により書類送検されました。秩父鉄道の線路内に無断で立ち入ったことは本人が認めています。昨年の文化の日に電気機関車を臨時運転するイベントが開かれて鉄道ファンが格好の撮影場所を求めて押し寄せていたようです。近年、いわゆる【撮り鉄】族があちこちの駅でトラブルを起こしています。いずれは大事故につながることも考えられますので、一般人に対して模範となるべき国会議員にお灸をすえたのかも知れません。この先生は党内若手では珍しいインテリで弁護士でもあります。5年前の選挙の初当選の時は31歳だったと思います。この1件は来年の6月の改選に向けて陣営の引き締めになるでしょう。党の委員長から大目玉を食らわなければいいのですが、、、。

-2021年09月20日-

野党組み換えは【仮面革命・覆面革命】への布石か

共産、立憲、社民、れいわが国会内で【共通政策】に合意をしました。注目すべきは<国民>が離脱しましたが、<れいわ>が参加したことです。4党の党首が並んで拳を振り上げている写真が各紙に掲載されました。中でも【新撰組】の山本局長の凛々しい姿がひときわ印象的でした。目下の共通政策はリベラル政党、中道政党、さらに保守政党でもある程度は納得できるところもあるかと思います。しかし、政権奪取後は、政策の<更新>や<読み替え>が短期間に行われて、国家の基本構造が転換します。眞子様の皇室離脱どころか<象徴天皇制>の存続も危ぶまれます。我が国には大規模政党は1党しかなく中規模政党はありません。共産は組織政党、立憲は小規模政党、社民は零細政党、れいわは個人政党と分類できると思います。2千名、3千名と言われる地方議員と25万人の党員を有する組織政党にとっては足腰となる地方議員や党の活動や財政を支える党員がほとんどいない小規模政党や零細政党をコントロールすることなど簡単です。革命党の軍靴の足音は忍び足故に聞こえません。ソ連、中国、北朝鮮、東ドイツ、、、どこに【共産楽土】がありましたでしょうか?

-2021年09月11日-

眞子様にも人権を!生活保障を!

眞子様が小室君といよいよ結婚されるとのこと、おめでとうございます。結婚は両性の合意で出来るのですから、周囲はもう騒がないようにしてあげたいですね。小室君の母親の存在が皇族の結婚には相応しくないような意見があります。じゃあ、一般人の結婚ならあの母親でも構わないのでしょうか?私は【時代錯誤の皇室観】だと思います。皇族の方々もあなた方と同じ人間です。確か、【公的な持参金】が1億3千万円以上頂けるのに辞退されたいとの事ですが、素晴らしい選択肢かと思いました。小室君が持参金目当てであれば婚約を解消するかもしれません。これで小室君の腹と肚が試されるでしょう。また、民間人になる人へ公金を渡すことに反対する人の口も封じられます。【一石二鳥】になるかもしれません。しかしながら、日本人がアメリカで弁護士になってどれほど活躍できるのか、本当に生活が成り立つのかは知りません。私は不安です。そこで私は、国民の有志が眞子様に寄付を奉じる時が来たと思います。政界人、財界人が一人100万円を出せば100人で1億円になります。それは比較的容易かも知れません。また、子供から老人まで一人100円ずつ100万人の国民が拠出しても1億円になります。私は、後者の運動が全国で盛り上がれば、眞子様への最大のはなむけになるのではないかと考えています。

-2021年09月03日-

【仮面革命・覆面革命】から暴力革命へ

【中華人民弾圧国】は共産党100周年を記念して香港自治国や台湾自治国にいちゃもんをつけています。中国・朝鮮共産軍と国連軍との壮絶な戦いとなりました朝鮮動乱の時のように革命の戦乱が日本に飛び火しないことを願います。共産党員8千名で組織された【中核自衛隊】なる武装組織が日本のあちこちで大暴れしたからです。一般的には先進発展国では共産革命は勃発しないと思われています。でも日本人の基礎学力の低下とSNSへの過度の依存、即ち【スマホ神】への絶対的帰依は事象を複眼的に分析する能力を奪いますので、巷に単純な人間が増えていきます。そこに革命政党による【仮面革命・覆面革命】が成功する可能性が高まります。革命政党が<党の綱領は棚上げ>して、リベラル政党、中道政党、社会党、等との連立政権に入り込み、政権を掌握した後に他党の幹部を順次失脚させ、<普通の野党>の覆面・仮面を脱ぎ捨てて単独政権・独裁政権に変貌します。そしてあなたの身近にいます25万人の党員が<反共的言動>をする市民を革命警察に【密告】して投獄する【暴力革命】が開始されます。事実は真夏の怪談よりも怖いのです。

-2021年08月23日-

日教組出身元民主党幹事長より立憲へ注文

日本教職員組合の幹部から社会党代議士、民主党参院議員会長・幹事長を永らく務めた輿石東氏より野党第1党の立憲民主党に対して激励と要望がございました。曰く、現在は<国民の間には民主党が政権交代した時のようなワクワク感、ドキドキ感が全く感じられない。>都議選でも政権を奪取するとの気迫が感じられなかったとの事です。立憲は<小池都知事に見捨てられた同情票の域を出ていない>ような失礼な発言もありました。とにかく【他の野党との内輪もめはやめて大同団結せよ】との激励です。ただし、【象徴天皇制の維持】、【自衛隊の合憲】、【日米安保条約堅持】等についての根幹部分の政策が異なるので、【共産党とは政権を共にするのは不可能だ。】と釘を刺しました。おそらく輿石氏の念頭には【与党】(自民・公明)、【野党】(立憲・国民・社民・維新)、【革命党】(共産)の3ブロック体制が描かれているのかも知れません。だとしますと、これは戦後、否、戦前より継続している【日本の伝統的な政党観】そのものですね。

 

-2021年08月11日-

五輪は式典も競技も視聴時間0分でした

私は今回の五輪につきましては、開会式、各種競技、閉会式に至るまでテレビやネットの放映も五輪のニュース番組も一切視聴しませんでした。自分の仕事や勉強があり、のんびりとテレビにかじりついている時間は無駄だと考えたからです。でも新聞には毎日大きく出ていましたので、日本人選手の活躍のあらましは把握しています。実のところは日本人選手の大活躍にもさほどの感動は覚えていないのです。もちろん、私は五輪・国旗・国歌に反対していません。五輪はこの5年間、どの選手にとっても人生を賭けて鍛錬をしてきた結果を発表する場であり、晴れ舞台です。どうして簡単に中止が出来ましょうか。また、観客数につきましては人数は5分の1にしてチケットを5倍の値段にしてやるべきだと今でも考えています。私はタダでも見に行きませんが、大金を払ってでも見たい人はいます。いずれにせよ、五輪を中止に追い込む【マルクス教団の戦略】は失敗しました。そもそも【総本山の中国】がメダルを大量にかっさらっていく大活躍をしているのですから。

-2021年08月09日-